データ入稿について

印刷物全般に関しての難しいことなのですが、ネット等でよく見られるデータ入稿というものがあります。これはお客さん側に印刷物のデータを作成してもらい、引き受けた側は印刷に当たっての最低限の作業のみを行うことでデザイン等のコストを削減するというものです。一般的にはこのデータ入稿時に使われるソフトウェア・入稿形式はAdobeと呼ばれる会社が販売している「Illustrator」「Photoshop」と呼ばれるソフトで作ったものが主流です。これらのソフトは印刷やデザインに携わる人間には一般的ですが、それらに馴染みのない方にとったは非常に扱いづらく、高額なものとなります(最近は月単位での支払いもできるので、少しは使いやすくなりました)

タチキタでも基本的にはこれらの形式でデータはいただくのですが、やはり難しいというお客様はとりあえず作成してみたものを送ってみてください。最悪開けずに対応できないもののもあるかもしれませんが、可能な範囲で印刷できる形にできるように努力いたします。