レンフィールド売上報告

全く表題と関係ないのですが、B2Fゲームズとニューゲームズオーダーは「月」「水」はお休み、しかしタチキタは一般のお仕事の受付もあるので、平日は月~土すべて営業しております。

結果として担当西山はなんとなく独立してから休みなしの生活となっております。

う~ん。この辺もなんとか整理していきたいのですが、この売上だとなんともしようもない感じです。頑張ろう。

本日レンフィールドの売上報告をtwitter上で連投しましたが、ここでも再録。

発売から約2週間経過しましたタチキタ制作「レンフィールド」ですが現在の販売個数は約100個程度です。購入方法は通販5割、B2F、ゲームマーケット5割ぐらいとなります。次の商品の製造のための目標売上は200個なのでちょうど折り返し地点となります。

② 

この100個という数字が微妙なところで、昨日B2F吉田と話したのですが「悪くはないが、決して良いとも言えない」という最近NGO界隈でもよく使われる言葉でまとまりました。確かに流通経路の少なさを考慮すれば、善戦はしているのですが出足の勢いも落ち着いているのも、悩みどころです。

当初の予定通りならこのあとも粛々と販売を行い、200個弱販売完了して次に移る決まりなのですが、現状の流れだと結構時間がかかりそうです。可能であれば12月1日開催の「リトルエッセン」に次をーという気持ちですが、販売方法・告知等見直しも必要だと考えております。

次のタイトルも日本で流通は少ないのですが、良いタイトルなのでぜひ作りたい。でも予算が・・・というところです。全くまとまっているわけではないのですが、ゲームマーケット終了後のご報告でした。リトルエッセンのチケットに合わせてレンフィールドもよろしくお願いします。

 

>twitter上でのコメントは以上となります。

といった形で、まあひとつのゲームをそれなりの量制作して、コスト回収するのは難しいよねという話です。これは規模の違いはあれ大手メーカーからゲームマーケットでゲーム販売をされるブースの方、それぞれお持ちの悩みではないかと思います。さて悩んだところでどうすべきか、とりあえず手っ取り早く考えられるのは

①新たな広告宣伝を行う

②直販をやめて、他の流通への出荷

の2点がありそうです。

上記も事細かにいろいろ考えられるのですが、どちらにしてもこのままでは厳しいので、近々なにかしら販促をおこなう予定です。

アイディア募集中。