ジュリエットと怪物その③

タチキタプリントは基本的には通販時に右のように箱を未組み立てにすることでコストを削減しております。(代わりにカード等は専用の薄い箱にいれております)これは実は前職時代に少数のサンプルを安く配送するためによくやっていた手段で、人生何が役に立つかわからないといった感じです。一昨日書いた「¥1000ならお客様に手に取ってもらいやすい」を通販でも生かすための工夫です。送料というのは非常に厄介なもので、それなりに大きな買い物なら気にならないのですが、額の小さな買い物だと下手をすると商品の価格<送料という可能性すら出てきます。それは極端な話だとしても、送料が購入する商品の半額とかなら結構ありえる話だと思います。もちろん送料無料ならいくらであれ店側負担にすればいいのですが、それでは売れば売るほど大赤字になってしまいます。

その結果生まれたのが現在の未組み立て箱形式の送付ですが、なんとなくブランドイメージ化してきたので、今後も箱がある限りこれでいいかなと納得しつつあります。といっても次回は箱を使わないパッケージになるかもしれないので、絶対じゃないんですが・・・。